カテゴリー
ペット

ベルトにまとわりつくコザクラインコの ちーちゃん

鳥マンライフで、一番接点が多いのがコザクラインコです。何しろ一番慣れていて、まとわりついてきます。

遊ぶのが大好きで、何かとまとわりついてくる

ベルトにまとわりつくコザクラインコのちーちゃん

これは僕の夏用ベルトです。ぶらぶら~とやっていたら、ちーちゃんが飛んできて、

「これなにー?」という風にやってきました。

遊ぶのが大好きなコザクラインコのちーちゃん

人間で言ったら、小学生ぐらいの子供なのでしょうね。遊ぶのが大好きです。

ちーちゃんは、爪を切ってないので、腕とか、ガシッとやられるとちょっと痛いのです。本当は爪を一定時期ごとに切ってあげるといいのですが、すっごく嫌がり、爪を切った後は、息があがるぐらいになってしまうので、爪を砥げるような木などを置いています。

興味があるものには、けっこう食いつきが良いです

これ、しばらく 遊んでましたね。
興味があるものには、ずっとまとまりついて、飽きるまで遊んでます。

こういうのもちょっとした運動になるのでいいのでしょうね。

「そっちに飛ぶぞ」と

ちーちゃんが、こっちに飛んでくるときには、いかにも「そっちに飛ぶぞ」という構えを見せてくれるので、わかりやすいです。

たいていは、頭の上、手の上、肩の上あたりに着地します。

ちーちゃんは、紐なんかも好きですね。

両手で持っていると、右手から左手、左手から右手と移動して遊んでいます。

自分でよく出来た感じのときには、「ちちち!」と言って自慢します。

今日みたいに暑い日は、部屋のクーラーをつけっぱなしにしないと、ゆで上がってしまいますので、夏は夏で気を配ります。

それにしても今日は、すっごく暑いですね。湿度も高いです。

ちょっとコンビニに買い物行くのもうだる~感じ。

カテゴリー
ペット

ベッドルームでコザクラインコの ちーちゃんと

鳥マンライフ満喫してますかーー?

コザクラインコのちーちゃんはベッドルームに行きますと、ちょっと大人しくなります

普段は僕の部屋とリビング、トイレ、バスルームぐらいが行動範囲ですので、ベッドルームに行きますと、ちょっと神妙になるのですね。

翼をちょっと広げて「チチチ」とやります。

これは何のサインなのでしょう?

翼をちょっとだけ広げて「チチチ」と3回鳴きます。ベッドルームに行きますと、たいていこの「チチチ」を何度か繰り返すんです。

緊張してるのかな?

ベッドルームに行くと神妙になるコザクラインコのちーちゃん

ゆったりした感じとは違って、少し警戒している様子ですよね。

ベッドルームではあまり動こうとしない ちーちゃん

これは何かなぁ?とくちばしで様子をうかがっています。ベッドルームには、本がたくさんあるので、慣れてくると本を食べられちゃうかもしれないので、注意が必要です。

なんですかー と言ってる ちーちゃん

これは

「なんですかー?」と言ってます。

ええ、鳥マンライフ送ってると、鳥が何を言ってるか、たいていわかります。

というか、自分で鳥の言葉を翻訳して会話しているので、知らない人が見たら、不気味な光景です。

ええ、いいんです(笑)

ちーちゃんは、模様もまだらだし、うん、恐らく美しい部類には到底入らないのかもしれないですが、僕にとっては唯一無二なので、かわいくてしかたないです。

鳥マンライフですから。

布団は、一応 高級な羽毛布団の夏仕様です。

いや、ほんと、これマジで高級羽毛布団です。けっこう高かった。

カテゴリー
ペット

皮膚、だいぶよくなってきた柴犬のいち君

老犬になりますと新陳代謝があまりよくないため、若いうちとは違ってシャンプーをしてあげないといけないようです。

仔犬とか、成犬と違って

皮膚トラブルが多くなるのが老犬です。我が家の柴犬いち君においても皮膚トラブルが多くなりました。

舐めちゃうので、よけいによくないですね。犬の舌はザラザラしていて、自分の毛を削ぎ取ってしまうんです。

対策としては、シャンプーの頻度をあげることだそうです。(獣医さん曰く)

今まではさほどシャンプー頻度が高くなかくても大丈夫だったのですが、皮膚トラブルに見舞われたらその頻度を上げて、清潔に保つのが一番です。

ただ、柴犬は、毛の量が多いので、なかなか大変ですよ。

シャンプーも合うシャンプー、合わないシャンプーがあるかもしれませんよね。病院で処方される薬用のシャンプーがは、皮膚トラブルの症状がひどいときにはオススメです。

その後、少しよくなったら市販のものでも大丈夫そうです。

低刺激性のシャンプーとか色々売ってますので試してみましょう。

左の皮膚はだいぶよくなった 柴犬の いち君

こちら、左後ろ足のちょうど上ぐらいにが、ひどかった場所ですが、今ではこんな風に毛もすっかりと生えて、よくなっています。

ちょうどおむつの淵が当たるところですよね。

なので、注意深く見ると、首輪のところも ちょっとかゆそうです。これはエリザベスカラーがあたるんでしょう。

ですから、今はエリザベスカラーをつけるときには、タオル地みたいなものをワンクッション噛ませてつけるようにしています。

擦れてしまうんですよね。

ゆるくつければすっぽり抜けてしまうし、きつくしめれば擦れていたそうなので、ちょうどいい感じのところで締めて、タオルみたいのを噛ませるようにしていますが、それでもちょっとかゆそうです。

足のところはだいぶいいけれど、首のところがちょっと心配です。

散歩が好きな 柴犬 いち君

こういう草が生えているところが好きなんですよ。

のみとかいそうなので、あまり入りたくないのですが、いち君は草も食べるので、困ったものです。

草をあさりながら、顔をかいている 柴犬のいち君

これはですね、草をあさりつつ、自分の前足で顔をかいているんです。

なんかフガフガしながらやっています。

エリザベスカラーを取れる日がくるといいね。

カテゴリー
ペット

肩にポトリと落とされた鳥のフンが気にならなくなったら、あなたは相当の鳥マンです。

何を隠そう、僕は鳥マン。
鳥マンとは、鳥と暮らしているうちに鳥の気持ちがわかるようになり、鳥がかわいくて仕方なくなり、鳥のフンが肩にポトリと落とされていても気にならなくなった人々の総称です。

全国の鳥マン こんにちは。

鳥マンライフ 満喫されていますか。上記の通り、鳥マンは、鳥のあらゆることを許せちゃうぐらいに、鳥との暮らしが板についた人のことを指します。

鳥が肩に止まってをポトリ顔色一つ変えることなく、の処理が出来る、はたまた、少々のなら吹かなくても、「ま、いっか」ぐらいに思える。

あなたは、重度の鳥マンです。

鳥が唇のあたりを柔らかく突いてくる「こ、これはもしかして鳥からの求愛か?」と冗談抜きで、一瞬でも思ってしまったあなた。

あなたも重度の鳥マンです。

天高く羽ばたいている鳥たちを見て、外で餌をついばんでいる鳥たちを見て「ああ、俺も鳥になりたい」とほんの一回でも思ったことがあるあなた。

そう、あなたも鳥マンに違いない。

小鳥の小さな足から、鳥の熱を感じ「生きてるっていいな」そう思ったあなた。(足からの熱を感じるというかなりのマニアックぶり!)

あなたも鳥マンでしょう。

全国に拡がりつつある鳥マンたち

僕が思うに、鳥がいると孤独感は少しは軽減します。鳥は、いつも傍にいるからです。

人間が大好きになった鳥たちは、肩の上、頭の上、手の上と自分の身体にまとわりついてくるぐらい一緒に行動するのです。

時には、頭の上にをされることもあるでしょう。

ええ、僕も何十回もあります。

しかし、僕は鳥マンの王ぐらいの存在と化しているので、鳥のフンは、「おお!自然のトリートメントよのおぉ」と笑って許せます。

(※でも オカメインコのメスであるきみちゃんのは、鳩のフンぐらい大きく、しかも メスはをお腹にためておくので、臭いが ウっとなります。ゆえに、正直、自然のトリートメントなどと やってられないです)

まぁ、でも全国に拡がる鳥マンは、鳥ちゃんたちの ちょっとした粗相は許せるようになるのです。パソコン作業をしているときに、ガシガシと手をいったり来たりしてもキーボードをカツカツとくちばしでやっていても、そのうち、気にならなくなります。

どこに行くにも一緒なんだけど、窓を開けるときとか、ドアを開けるときは注意です

網戸なら大丈夫ですが、洗濯物を取り込もうとしたり、バルコニーに出るときにも 鳥ちゃんがいないことを確認してからにしましょう。

なにせ、いつも一緒だと、肩の上にいる鳥ちゃんの存在をうっかり忘れて窓を開けてしまう・・なんていうことも想定できます。

それからドアの開閉。

これは風の通りがよくなった扉は、軽く動き、風圧もあって「バタン!」といつもより勢いづいて閉まったり、開いたりします。

僕はコザクラインコと、オカメインコは、ほぼ放し飼い状態ですので、この点はいつも慎重にしています。

そっと開けて、そっと閉めるということですね。

鳥と一緒にお風呂に入る、鳥マンライフ

夏は、シャワーが楽しみですが、鳥も水浴びは好きですよ。

だから、一緒にお風呂に入る楽しみが増えます。

一人ぐらしの鳥マンにもお勧めの楽しみ方です。

想像してみてください。部屋から風呂場に向かうときに「チチチ」と言いながら肩に乗ってきて、

風呂場で服を脱いですっぽんぽんになっても肩の上の乗ってきて、「じゃ、風呂入るか?」と声をかけると、なんとなく、「うん」と言ってる風でもあり、

シャワーから水が出ているときには、上のほうの棒にちゃんと待っていて、「チチチ」とか「チーーーー」とか言ってる。

風呂から上がるときには、手をさしのべると手にサッと乗ってきて、自分も水浴びをしたくなったら、金魚のところで水浴びをして、「きもちいいねぇ~」と言ってるよう。

パンツをはいて、Tシャツを着ると、また肩の上に乗ってきて、部屋に戻るというルーチンです。

なんという友人愛か!! なんという鳥マンライフ!!

コザクラインコのちーちゃんは、オスである。

だからは大きくない。

肩のうえ、頭の上に、たまに 2~3ミリのをされるものの、

いまや全く気にならずとなってしまった、わたくし 鳥マン。

だまされたと思って、鳥を飼うとよろし。

明日は日曜日なので、ペットショップに行って、コザクラインコか、セキセイインコを買ってきてください。小さい小鳥ならこの2種がとってもオススメです。

もうちょっとでかいのがいいなら、オカメとか、ウロコとか、そのあたりも楽しいです。

色は好みでOKです。

コザクラのオスメスの見分けは、かなり至難ですが、オスをオススメします。

セキセイのオスメスは、鼻のところのリング状態とかで見ますので、コザクラよりはわかりやすいです。

おしゃべりセキセイに育てるなら、やっぱりオスです。

コザクラはあまりしゃべらないと思います。しゃべることを期待するならセキセイが一番いいですね。

べったりべたべたを将来期待するならコザクラかなと思います。

鳥用のケージとか、機器もそろえる必要がありますが、最初はヒナから飼うので、いきなり網のケージじゃなくて、最初はプラスチックケースになると思います。

そのあたりは、店員さんに聞いてそろえるといいですね。赤ちゃん鳥にまるで親鳥のように餌を与える生活がスタートです。

でもこれをしっかりと丁寧に、やっていくと小鳥はあなたを親と思ってくれます。

小さいうちから飼えば必ず慣れますので、是非明日からでも。

レッツ鳥マンライフ。

カテゴリー
ペット

フクロウとカルガモと

訪れる度にちょっと変わった品種と出会えるので、楽しみなペットショップがあります。

クロガオフクロウとパンダメンフクロウ

クロガオメンフクロウです

こちらお店先で、何も文句言わず、じっとしているクロガオメンフクロウです。

メンフクロウの顔が黒いバージョンですね。
この人工芝の台の上で、道行く人を観察しつつ、大人しく過ごしています。

目の輝きとか羽毛の様子とかみると、健康そうですね。

クロガオメンフクロウ  217800円(税込)

2020年4月産まれだそうです。

フクロウ、飼ってみたいけれど、肉食だから家のちーちゃんとか、食べられそうで飼えないですが、(それに値段も)実際に見るのは、とても楽しいです!

パンダメンフクロウ

こちらはパンダメンフクロウ、ゆっくり見ないと違いがわからないですが、やっぱり顔ですかね。

あれ、パンダってどういう顔か一瞬わからなくなってしまった。

目のところが黒くて、周りが白い?

ああ、なるほど。確かにそういう様相ですね。

パンダメンフクロウ 275000円

パンダメンフクロウの方が希少価値が高いのでしょうか。若干高いです。

こちらのパンダ君もゆったりと、そこだけ違うときの流れを刻んでいるかの如く、優雅に佇んでいましたよ。

カルガモ

カルガモ

これ、カルガモです。

かわいいですね。

カルガモってお風呂場でも飼えそうです。軽く鳴いてましたが、さほどうるさくなかったです。「グァグアグァグア」という程度ですね。

かえって、うちのオカメインコのきみちゃんとか、コザクラインコのちーちゃんのほうが鳴き声はうるさいかもしれません。

ここはコーナンの奥にあるペットショップですが、楽しいですよ。

コーナンはペットコーナーがとても充実していて見てるだけでも楽しいし、安いです。

そういえば、オオクワガタのペアが売ってましたが、メスの大きさがやばかったです。

こんな・・・でかいメスいるんだ??ぐらいで5センチぐらいあったかも・・・。

クワガタとか見ると飼育してペアリングして、幼虫育てたくなってしまいます。

カテゴリー
ペット

いち君の喜ぶ顔が見たくて

柴犬いち君との日々の暮らし。大切にしています。大好きなホームセンターに行ってきました。

おしめをつけた 柴犬いち君が唯一おしめを取れるとき

外に出かけるときです。

家の中では、どこでおしっこをされるかわからないので、仕方なくおしめ装着、場合によってはエリザベスカラーも装着ですから、気温が上がるとちょっと可哀そうになります。

柴犬ですので、ただでさえ毛が多いのに、よけいな装着物があれば、それだけでもぐったりしちゃいますね。

いち君が、お風呂大好きだったらいいのですが、小さい頃から、水はあまり得意じゃありません。

一緒に海の波打ち際で遊べるかなぁなんて期待していたのですが、水嫌いなので、お風呂に入れるのもけっこう苦労しますよ。

顔を見てれば、満足しているのか、不満なのかがわかります

柴犬のいち君とホームセンターの本屋さんにて

まぁ、でも落ち着いた感じの顔していますね。

この口を開けて、笑ってる感じがとても好きです

僕がいち君の顔で一番好きなのが、こんな風に口を開けて、笑ってる様子です。喜んでる風でしょ。

下の犬歯の上に、べろが乗っかって、「はっはっはっ」と言ってる様子がすごく好きなんだな。

いい笑顔だぞ!いち君。

そう、僕はこの笑顔が見たくて、一緒に出掛けるんです。一番好きなカートに乗って、いろんな人たちが、いち君を見てくれて、かわいいとか言ってくれるのを、いち君自身が感じ取ってるようです。

今日はレジに並んでいるときに、小学校2年か、3年ぐらいの男子がいました。いち君に顔を近づけたりして、興味津々の様子でした。

いち君は、大人と子供の区別はちゃんとつきます。正直、子供はあまり好きではなく、おじさんが好きです。

子供がうかつに手を出してガブっと噛んじゃうと大変ですので、子供が寄ってくるときには、細心の注意をはらいます。

犬って突然何かされると反射的に噛んでしまうことがあるんですよ。

僕自身も、ある日散歩の途中、黒いラブラドールが家の柵の中にいたので、かわいいなぁと思って、手を入れたとたん、万力で締め付けられるかの如く、思い切り噛まれたことがあります。

人差し指の爪が陥没し、血がダラダラと流れました。

恐ろしいです。

カテゴリー
ペット

柴犬「いち君」頭隠して、ほぼ全体隠さず。

柴犬フリークの皆さん、こんにちは。柴犬と遊んでますか。毎日が面白い発見がありますね。

ずっと雨

やっぱり今年の7月も雨が多いのですね。去年もそう。これ、イライラっとなります。去年は本当に、7月末までじとじとした雨がちの天気が続き、8月1日からぴったりと夏でした。(千葉県)

雨が多いと湿気で気持ち悪いです。

柴犬いち君、頭だけ隠してる

柴犬いち君、頭隠してる

まぁ、エリザベスカラーがついたままなので、入れないんですよね。ちょっとかわいそうだけど、仕方ないです。

頭だけ隠してるいち君。けなげ。

後ろ脚をしっかりとそろえて、頭だけ・・・。

頭隠して、ほぼ全体隠さずです。

夏は暑いので、このフローリングのところか、玄関のところで寝ています。

今はまだ気温的にも大丈夫そうですが、夏が本格化したら、クーラーつけて扇風機とか、サーキュレーターで部屋の風を循環させないといけません。

夏はベッドで寝るのもの寝苦しい

そうそう思い出しました。

夏は自分自身もベッドで寝るのは寝苦しいんです。身体の熱で布団を温めてしまうんですよね。

水が入ったウォーターベッドとかいいですね!

ともあれ、今日のいち君は、このように頭だけを強引にケージにねじ込んでいます。

カテゴリー
ペット

柴犬いち君、エリザベスカラーと一体化

今日は休みだったんです。久々の土曜日休みでしたが、特段いつもと変わらずです。

ふと見ると、いち君も昼寝してた

いつの間にか眠くなってしまって、ベッドに横たわって、たぶん一時間ぐらい、寝てしまいました。

ふと起きると、柴犬いち君もベッド脇の床にごろりと横になっていました。

エリザベスカラーと一体化した 柴犬いち君

デロ~ンと横になっていて、エリザベスカラーをつけたままでもだいぶ慣れてきた様子です。
この舌がちょこっと出てるのは、いち君のデフォルトです。寝てるときには、だいたいこうやって舌が出ちゃってます。

目を開けてはいますが、まだ眠いのでしょうね。

いち君は、夜中、家の中を「テチテチテチ」と徘徊しているので、昼間はけっこう寝てることが多いです。

カメラを向けても別に慌てる様子もありません。

寝てるときのいち君は、身体があったかくて、冬とかよく手を握ります。あたたかい。

いち君の手

この手です。手というか前足ですね。

爪は外を散歩するので、自然に削れていますから、爪切りを入れたこともないです。

このぐにゃっとなった前足を握るわけですよ。にぎにぎと・・・。

なかなか気持ちいいです。

力を抜いているときは、なされるまま、ぐにゃぐにゃなので、いち君の足で遊びます。

踊ってる風に動かしてみたりですね。なされるままなので、何されても、たいていは怒りませんが、機嫌が悪いときには、怒ります。

大好きな柴犬のこの部分

僕はなんといっても柴犬のこの口のあたりが好きです。

いち君は、舌をしまい忘れることが多いので、よけいに。この口のあたりをムニムニして遊ぶこともあります。

やっぱり、なされるままです。

しかし、歯磨きだけは断固としてやらせてくれないです。下手したら本気で噛まれるので恐ろしいです。

エリザベスカラーと一体化した いち君は、夜中の徘徊のための体力を温存中です。

夜中寝ているときに、「テチテチ」いってます。

夜中に僕が起きて、冷蔵庫を開けると、その音に反応してテチテチやってきます。

そして目の前で、暗がりのなかで、お座りします。

「かなり良い子にしていますよ。何かくれないか?」というふうに。

カテゴリー
ペット

カートが大好きな柴犬「いち君」

我が家の柴犬は老犬の部類です。
でも一生懸命生きているので、その目の輝きをいつまでも見ていたいです。

乗り物が大好きで、特にカートがお気に入り

いち君をカートに乗せようとするときに、僕が抱えやすいようにしてくれます。
カートに乗せると目がキラキラします。

カートに乗ると目がキラキラする柴犬の いち君

前足は、だいたいカートの淵にガシッとやることが多いのですが、リラックスするとダラーンとして、このようなスタイルにもなります。

目がキラキラしてるでしょう。

いち君との付き合いは長いので、表情でどんなことを考えているのか、わかります。

とてもうれしそうな目です。

買い物に行くと、カートが段積みになるけれど

平日はいつも帰宅がけっこう遅いので、買い物は日曜日にある程度まとめ買いをします。

買ったものは、この折り畳みが出来るケースに入れて、カートに乗せて運びます。ケースの一番下の段は、100円ショップで買った自転車用のゴム紐のけっこう頑丈なやつで、滑らないように固定します。

折り畳みのケースはとても便利で使わないときには折りたたんで収納しておけばスペースは取らないです。

また、このケース、何年も使っていて、考えてみたら相当の耐久性がある良品です。ホームセンターコーナンで売っています。

買い物後は、ケースに入れていきますので、3段積みとかにもっと多いときは4段積みになります。
そのうえに いち君を乗せるので、自分の身長よりも下ではありますが、それでもけっこうな高さになります。

それでもいち君は、乗り物が大好きなので、乗せてあげるのです。

さすがに段差とかがあると危ないので、手で押さえながら慎重に運びます。

ショッピングカートに乗せて移動していると「かわいい」と

いち君は、ホームセンターが大好きです。

ペット用のカートに乗せて移動していると、いい感じで身を乗り出したり、大人しくしてくるので、通り過ぎる人たちが「かわいい」と言ってくることが多く、

目を細めながら いち君を見てくれます。

それがうれしいのでしょう。いち君は、たいてい凛としてカートに乗っているのですが、買い物後はすごく機嫌がいいです。

注目してくれている、かわいいと言ってくれている、人間が笑いかけてくれるのを、感じ取っているのだと思います。

ありがたいことです。

どちらかというと、飼い主よりも他人の方が好きなので、(けっこうおじさん好きです)

世渡り上手な柴犬です。

若い柴犬と一緒に散歩している人を見ると

すごく懐かしく感じます。

ずっと柴犬と暮らしていると、「あの柴犬は、きっと何歳ぐらいだろう」とか、少しわかるようになってくるんですね。

まだ小さかった頃のいち君とか、若い頃のいち君、写真もたくさん撮りましたので、

こんなだったんだ!と思い出すんです。

一緒に行った場所とか、どんなおもちゃを使って遊んだとか、「待て」とか「お手」を覚えたときのこととか、頭の中を駆け巡ります。

時間は逆戻りさせられない。

わかってはいるけれど、戻りたいですね。


カテゴリー
ペット

コザクラインコのちーちゃんと金魚のきんちゃんが 見つめ合う

6月20日(日)ぐずついた空模様から午後は晴れました。でも雲は多めです。

南船橋のbookoffに行ってきました

先週ぐらいから、無性に「釣りキチ三平」が読みたくなって、古本で探そうと思いました行ってまいりました。

釣りキチ三平の1巻

釣りキチ三平』(つりキチさんぺい)は、矢口高雄による日本漫画。また、それを原作としたアニメ作品。1973年から10年間、『週刊少年マガジン』(講談社)に連載され、当時の看板作品のひとつであると共に、自然派漫画の代表的存在であった。
(wikiから引用)

1巻は、アユの友釣り大会から物語が始まります。作者の矢口高雄さんも漫画の中に登場して、大会の模様から、友釣りの解説、仕掛けの作り方などレクチャー本としても楽しめるんですよね。

もう何度か読みましたが、忘れたころにまた読みたくなる漫画です。

残念ながら釣りキチ三平は売ってませんでした。あるにはあったけれど、この講談社コミックスのものがなかったのです。

Amazonとかで買うしかないですね。

本日のコザクラインコ ちーちゃんは、金魚のきんちゃんと見つめ合う

見つめ合う鳥と金魚

我が家ですごく長生きしている金魚です。けっこう大きいですよ。まだサイズが小さいときには、金魚網できんちゃんをすくって、別の容器に入れつつ、水槽を洗えたのですが、もうけっこうな体重になっているので、容器移動もきんちゃんの負担になります。

なので、水替えはポンプで汲み取りながら90%ぐらいの水を入れ替えるようにしています。

上から金魚を見つめるちーちゃんです。
ここは、ちーちゃんが水浴びするところになってしまいました。

普通のお皿の上とかでは水浴びしないので、困ったものです。

きんちゃんも自分の縄張りでコザクラインコが水浴びするので、ちょっと迷惑そうなこともありますが、

だんだん慣れてきたようで、今はどっしりと構えています。

金魚のきんちゃんは、朝必ず、水をはねさせて、餌くれアピールをします。

金魚もわかるんですね。

「あ、飯の時間か?」と、水面のほうに顔をあげてきます。

歯磨きとか、他のことをやっていると、だんだんとじれてきて、水をパシャっとやるんですよ。

金魚なのになかなかの芸当です。

今日は、少し本も読みたいし、久しぶりで海外ドラマもみよう

・・ということで、今からまずは海外ドラマを観ます。

今、観ているのは、シカゴP.D です。これもう2回目かな。シカゴファイアーのスピンオフ作品ですが、観ていくうちに、シカゴという街に憧れを持つようになります。