カテゴリー
小説

トム・クランシー「教皇暗殺」は少し異なるテイスト

トム・クランシーにはまって、読み続けています。今回は、「教皇暗殺」についてです。

トム・クランシーの教皇暗殺 第一巻表紙

この物語でもジャック・ライアンが登場します。トム・クランシーという作家がこんなに素晴らしいと「読む前から」知っていれば、ちゃんと最初の作品から読んだのですが、シリーズものなのに、けっこう最近の作品から入ってしまいました。

そのため、時系列ではなくバラバラにタイトルを選び読んでる状態です。

そんなバラバラタイトルの読み方なのに、手に取って読み始めると、小説の世界にどっぷりとハマれるので、「読む楽しみ」を単純に楽しめちゃうから、良し!としましょう。

たいてい夜の時間が読書タイムです。寝る前にトム・クランシーの小説を手に取り、グイグイ読み進め、眠くなったら寝るという毎日が続いています。

さて、ジャック・ライアンですが、こちらの教皇暗殺においては、分析官として登場しますので、大統領になるずっと前ですね。

他にもお馴染みのフォーリ夫妻も登場しています。登場人物がどんどん出てきますので、最初は少し混乱しそうになりますが、誰がどんな人なのかは、表紙のところに書かれているので、見ながら読み進めていけば、人物像が出来上がりやすいです。

実際の教皇暗殺未遂事件をモチーフに

この作品は、1981年に起こったローマ教皇暗殺未遂事件が題材になっています。そのときの教皇は「ヨハネ・パウロ2世」ですが、本当にそんな事件を企てるのですから、驚きです。

やはり聖職者というのは、僕自身、宗教については無宗派ではあるものの、威厳ある存在で、近寄りがたく、まったくもって聖なる人としか思えません。

どんなところが、ほかの作品と比べて異なるのか

トム・クランシーの作品は、テクノスリラーというジャンルに分類されるぐらい、諜報と武器と戦闘があるのですが、

教皇暗殺においては、戦闘機とか、軍艦がドーンと登場するようなド派手なシーンはありません。

諜報がメインの作品です。

きっかけとなるのは、KGBの通信将校が、ある事実を知るところからです。

それは善なのか、悪なのか・・・自分はロシア共産党下にあるKGBの人間で、その命令には従わなければならない、でも・・・これは正しいことなのか、間違ったことではないのか、、、と悩みに悩むところから進行していくのです。

そこにCIAが絡み、イギリスが絡み、と、トム・クランシー独特の拡がりが出てきます。

ただし、それは戦闘面での拡がりではなく、諜報という分野において、秘密裡に動いていくものです。

ド派手じゃない分、サイレントで進むのですが、そこには「会話」があります。

会話がいいんですよ。

この教皇暗殺は、登場人物の会話がかなり楽しめるはずです。

カテゴリー
小説

トム・クランシーを買い集めてます

緊急ふにゃらら宣言の際には、我が愛しのブックオフが土日休業となっていましたので、なかなかタイミングが合わず、やっとトム・クランシーを探しに行けました。

品揃えに期待できるのはブックオフの南船橋店

「やった!あったぜ」

トム・クランシー探しあてた
トム・クランシー探しあてた

今、「教皇暗殺の第二巻」を読んでいるので、これで3巻、4巻と揃ったから一安心です!

「日米開戦」は上しかなかったので、あとで下を仕入れなくていけません。

「合衆国崩壊」は残念ながら間の3巻がありませんでしたので、1巻、2巻、4巻と買いました。

全部100円!

これで目標の90%は達成といっていいでしょう。

急遽、「日米開戦」と「合衆国崩壊」を買わなくては!と思った理由は、こちらにあります。

まったくもって、あれは失敗だった。

面白い小説がゆえに、前後見境なく買ってしまった(事前調査なしで)ので、どうしても欲しかったんですね。

でもけっこう昔の作品なので、どうだろう、あるかなぁと期待を持ちつつのブックオフです。

全部は揃わなかったものの、今は教皇暗殺の途中ですから、次も違うブックオフに行って探してみます。どうしてもなければネットで買うことでしょう。

スリリングな展開、現代っぽいリアリティ、ウィットに富んだ会話、武器や戦闘機、戦艦などのリアル描写などが好きな方は是非トム・クランシーを読みましょう

スリリングな展開の中にある、数々の伏線とかね、壮大な国家間の攻防とか もうあらゆる面で絶賛です。

読んでいくうちに、きっと登場人物の像が出来上がってくることでしょう。そうすると彼らの会話がまた面白い!ということに気付くはずです。

ほとんどが100円で手に入る・・・いいのか悪いのかわからないですが、かなりオススメなので是非!

カテゴリー
小説

トム・クランシーの「大戦勃発」わぁ、読まなきゃよかった

トム・クランシーは、僕がここ1年ぐらい、どっぷりとハマっている小説家です。2013年10月1日に66歳で天国にいかれたわけですが、もっと早くから知っていたかったです。

トム・クランシーの小説の面白さ

ジャンルは、テクノスリラーと言われるものみたいです。軍事とか諜報活動などを扱ったジャンルですね。トムクランシーは、このジャンルの権化と言っても過言ではありません。

魅力は多く挙げられるのですが、まずは、なんといっても武器とか戦闘機、戦艦、戦車、などの緻密な描写です。つまりテクノロジーの描写ですね。ですからどの作品もきっと映画になったら重厚な作品になるだろうなと容易に想像がつくのです。

そして単なる戦争モノで、銃を「タタタタタ」と撃ってるだけではなく、諜報活動が絡んだ国家間の大きな戦いで、そこにはテロリストであったり、国の長や軍事担当者の目論見であったりと、陰謀めいたものが渦巻いていますので、読み手を退屈させないのです。

そしてやはり魅力的な登場人物でしょう。ジャック・ライアンにおいてはCIA分析官であるときの物語もあるし、米国大統領として指揮をとっている姿もあります。取り巻く人たちは、妻のキャシーを皮切りに、警護するスタッフたち、そしてレインボーの長官であるジョン・クラーク、その息子のシャベス、そして後に「キャンパス」の一員として集まってくる仲間たちなどなど、非常に魅力あふれるキャラクターが登場します。

「ファック!(くそっ)」なんて、しょっちゅう出てきます。

読んでる僕も興奮して「ファック!」と言いたくなるような場面で、ですけどね。

そして、続く魅力は、話の連続性というか、つながりがあるのです。

これはどういうことかというと、登場人物たちは時系列に成長しているのですね、ですから・・・

今回のタイトルで「わぁ、読まなきゃよかった」というのは、理由があるのです。

物凄く面白い作品だったのですね。

で、解説を読みましたら、これって3部作なのだそうです。

日米開戦Debt of Honor, 1994)

合衆国崩壊Executive Orders, 1996)

大戦勃発The Bear and the Dragon, 2000)

こんな順番で読まなければならなかったのです・・・。

僕は、大戦勃発から読んでしまいましたよ。

そんなわけです。

もちろん、後で「日米開戦」と「合衆国崩壊」は手に入れますよ、必ず。そして必ず読みます。

「大戦勃発」は分厚い4冊ですが、3巻ぐらいから加速していきます!

大戦勃発を見つけたのは、我が家の近くにある古本屋さんで、一冊80円で売ってたのですね。それまでトムクランシーはけっこう読んでいましたので、古本屋で見つけたら買う!ってな感じでちょっとずつ集めているのです。

この時、大戦勃発4冊以外には、「教皇暗殺」の1巻と2巻も買いました。全部80円でしたので、6冊買っても480円+税です。

大戦勃発1巻の表紙です

表紙の挿絵を見ても、ちょっと古い感じですね。作品としては2000年ですので20年前ということになるのでしょうか。

でもでも!

小説の中身は、全く古臭くありません。

むしろ、先端を行ってる感じすらします。

いつものトムクランシー作品と比べると、一冊がけっこう分厚く4巻全部500ページ以上あるのです。ですから読み終えるのに少し時間がかかりました。

「キャンパス」という組織が出来てからの物語も楽しく、読みやすいのですが、それがまだ登場する前の物語もまたまた面白いんですよ。

3巻ぐらいから、加速していく印象があります。そして4巻は、一気読み必至です。特に4巻の後半は、中国、ロシア、米国とそれぞれのトップや軍の描写に要注目です。

ページをめくる手が止まらなくなる!

そんな一作でした。