カテゴリー
blog

うなぎの日が近いと、山安商店さんを思い出します

スーパーに行ったら、土用の丑の日という垂れ幕ポスターがありました。ふと・・・思い出しましたね。僕の大好きな浦安の山安商店さん。。。

土用の丑の日とは

今年は7月28日が土用の丑の日だそうです。正直言って、今まで生きてきて、その意味を考えたことなどなかったです。

単に土用の丑の日は鰻を食べる日なのだという感覚だけでした。

土用って、季節の変わり目のことみたいですね。元々は土からきているのですが、「土」というのは、農作物を育てるための重要なものです。

土壌そのものも大事にしていたのでしょう。

さて、土用の丑の日。

土用の丑の日のポスター
土用の丑の日のポスター

「うなぎたべよ。」というポスターです。

食べたいですね~

土用の丑の日を待たずして食べたい。

浦安の山安商店さん、どうしたのでしょう。

移転先がわかりません。

山安商店さんの鰻が食べたい。ただそれだけです。スーパーで鰻を買ってもいいのですが、でも・・・やっぱり山安商店さんの鰻が一番美味しいです。

浦安市場がなくなってから、数々の名店が散り散りになってしまって、皆さん大変な思いをされたことと思います。

お魚屋さんのお気に入りのお店は場所は把握しているのですが、なんとなく足が遠のいてしまいました。

山安商店さんは、移転先でもめてしまったのでしょうか。

再度どこかに移転という流れなのでしょうか。

電話は今はもう繋がらなくなってしまっています。

あの素晴らしい鰻はもう食べられないのでしょうか。残念でなりません。

他にも鰻屋さんはあるけれど

山安商店さんの鰻以上に魅力あるのは、今のところないです。

敢えて言えば、新宿で勤務していたときに、上司にご馳走になった鰻は美味かったです。

あ、あと、日本橋のすっごく高いお店に連れていかれたときに食べた鰻も。

でも、それって、全部ご馳走になったもので、その当時、ありがたみとか感じないで、ただ食べたというだけでした。

山安商店さんの鰻は、テイクアウトです。

お店のおばちゃんが焼いてくれた出来立てです。生きた鰻をさばいたあとの、本当に新鮮な鰻です。

あれがなくなっちゃんじゃ・・・もう本当に残念で残念で、悔やまれます。

こんな風になるとは思ってもみませんでした。

浦安市場がなくなった後、移転されて、いつものメンバーが働いている様子を見て、胸をなでおろし、

「これ、これ!!鰻はやっぱりこうじゃなくちゃ!」と思いながら、コンビニで買ったご飯に乗せて外で食べた鰻!

最高でした。

絶対、なくしてはいけない。

僕は今でもそう思っております。