カテゴリー
blog

Gは苦手なんだ、マジで!

Gよ。君はなぜそんなに全身黒づくめなのか。なぜに背中がテカテカと油光りしているのか。Gよ。なぜ君は、俺に向かってくるんだ?

トイレに行く途中、上のほうの壁にG発見!

でかい、、、あまりにもでかい。

触覚がピロピロ動いているので、今にもこちらに飛びかかってくるのではないかと、思わず後ずさりしてしまいました。

NOOOOOOOOOOOOOOO!

Gの襲来か!?

トイレでも気もそぞろ。フロアに戻っても、そぞろ・・・。

だいたい

なんであんなにでかいGがいるのか、不思議で仕方ないです。あれはきっとメスかもしれないです。そうすると、1匹のGの出現で100匹はいると思えという教えが頭にこびりついているので、恐怖以外の何ものでもありません。

どんだけの家族だよ!?

Gがなぜ苦手なのか

まずは、あのテカテカした背中です。油ぎってる。そして、触覚がピロピロの様相ですよ。足も正直、気持ち悪いです。

シューーーーーーーーッと勇気全開で、キンチョールみたいのを吹きかけたことがあるんですよ。

そしたら、こっちに向かってきたのですね。

「こ、こいつ!死なないのか!?なぜ、生きてる?」

それからでしょうね。

ちょっとヤバイぐらい苦手です。

時代が変化し、泡タイプの殺虫剤が出ましたよね。あれ、やるにしても手元からかなり近いところじゃないと命中しないじゃないですか。

その距離まで近寄れず、無理です。

ノズルが3メートルぐらいはほしいです。

昔、何かの漫画で、Gが大量発生して、口の中に入ってくるシーンがあったんですよ。

子供ながら「げろげろ~~~」という感じでした。

基本は動物も植物も昆虫も殺生しない気質ではありますが、

Gと蚊については、容赦できないですね。蚊は、夏、寝ていると耳元で「puaaaaaaaaaaaaaaaan」ときますよね。

あれで、大騒ぎです。

「蚊がいる!」ということで、殺虫剤を手に奮闘します。一年に2~3回ありますね。

蚊は自分で退治できるのです。

しかしながら、Gは・・・・。

ちょっと無理っぽいです。想像しただけで、鳥肌がゾゾゾです。

「うちの方だと、こんだけでっかいGがいますよ」と。

僕がG苦手なのをスタッフに告白しますと、ときおり、Gの大きさを人差し指と親指で示しつつ説明してくれることがあります。

(おい、そんな説明はいらないのだよ)と思いつつ、変に話が盛り上がってしまい、

思わず

「おい、やめろ!」と。

しかしながら、スタッフはその大きさを指で示します。

人差し指と親指の間がグイ~ンと広がり、どうみても8センチぐらいの大きさになっています。

(君は概ねの大きさを理解していないな、なんだその巨大さは?)

「何それ?大げさだろう?」とひくひくしながら反論すると、

「いえ、本当にこんぐらいですよ」と

今度は、さらに指の間が拡大し、もはや10センチ以上になっています。

クラクラしてきますよね。

(それ、日本じゃないだろ?)

(または、それ、タガメか何かと間違ってねぇか?)

そんなのがもし、目の前に登場した暁には、職務放棄することでしょう。

黄昏の一枚

黄昏の一枚
黄昏の一枚

ほぼ人のいない駅

この電灯、ずっとついてないよ。

電灯、昔は木でできてたね。

ノスタルジック。

カテゴリー
blog

夜の静寂と男梅とポテトチップスと

いつも部屋の窓を30センチ程開けています。外の空気がなだれ込んでくるのと同時に、電車の音や車が走る音が聞こえるというこのシチュエーションがけっこう好きなんです。

気楽に一人飲み

男梅サワーとポテトチップス
男梅サワーとポテトチップス

誰にも気を遣う必要がない空間が、唯一自分の部屋でしょうか。基地的なムード漂う部屋に、男梅サワーとポテトチップスを持ち込みました。

小さめの皿にてんこ盛りのポテトチップス!いかがでしょう。いい感じでしょう。

お酒は弱いので、男梅はお勧めの一品です。飲みやすいし、ほんの少しほろ酔いになれるからです。

夜、一人の部屋でこんな風に楽しんでいます。

ワインを飲むこともあれば、酎ハイを飲むこともありますし、ビールを少し飲むこともあります。本当にかっこつけるときには、カランコロンと氷を入れて、バーボンとかウイスキーとかブランデーを飲むこともあります。

でもぐでんぐでんになることはありません。

ほんのほろ酔いぐらいです。

それでもう十分かな。

よく、悲しいことがあったときとか、嫌なことがあったときにお酒を・・という場合もあるのでしょうけれど、僕は逆にそういうときには、飲める元気もなくなりますので、無理ですね。

お酒とポテトチップスが並ぶときには、まぁたいていは楽しいこととか嬉しいことがあったときでしょう。

飲み屋さんも行きたいね

豪快にがぶがぶお酒が飲める人がいますよね。飲んでも酔わないぐらいの人・・・。憧れるけれど、もはや体質の違いで、僕には演技でも出来ないので、飲み屋さんでは、無難に緑茶ハイ見たいのが好みです。

あれは薄口に作ってくれれば、くぴくぴ飲めます。

日本酒は2回ほど、大失敗(失神など)しているので、恐らく難しいでしょうな。

中国に行ったときには、日本酒を飲まされて、グデングデンになりました。でもあの日本酒はやたら飲みやすくて、すっきりした味だったんですよ。なんだろう、アレ。

しかし飲み屋さんも久しく行ってませんな。

よくテレビドラマとか映画では、バーが登場するじゃないですか。ああいうのもいいなぁと思うのです。

行きつけですよね。

「いつものでよろしいですか」

「ええ、お願いします」

この言葉だけでマスターがすっとお酒を差し出してくれる、、なんていいっすよね~

しかし、僕は弱いので、かっこつけらんねんすよ。

バーで

「すみません。緑茶ハイ一つ」とか言っても大丈夫なのだろうか?