カテゴリー
仮想通貨

5分足、10分足、1時間足、日足、週足と見ていくと、わけがわからなくなります

マーケットを見る人は、ファンダメンタルズも追いますが、それれだと説明がつかない現象が多々起こります。なので、ファンダメンタルズを見ずにテクニカル要素でトレードしていくほうがロスカットするにしても早いでしょうね。

上がる理由、下がる理由を探してしまう

例えば今回のコロナ禍でもNYダウ、国内株式どころかけっこう世界中で株価が高くなった現象など、基礎的要因にプラス作用するものが心理的要素も加えれば、さほどないのに、にょきにょき上昇しましたよね。

狂乱物価、株式バブルと、あのとき30年前にトリップするかの如くですが、今回の日経平均株価の3万円越えのとき、昔ながらの言葉でいうと、「フィーバー!!」ありましたでしょうか。

ないですよね?

相場の過熱感があまり感じられません。しれっと上昇して、しれっと居座ってるように思います。居心地がいい水準が切りあがってきている証拠でしょうね。

バブルが崩壊したとき、周りの外務員は「もう二度と3万円相場なんかこねぇ」と言ってました。

ええ、僕もそう思っていました。

で、日経平均も誰が首相のときでしたっけ、7000円台まで下がって、ひ~~っとなった人も多いでしょうに、でもそこでしこたま買った人もいるのですね。

「総弱気で大崩れ」これは怖いけれど買いだったということです。

で、たいていの人は、「下がる理由」(下がるはずや!)、「上がる理由(ふにゃららら~だから上がるんだ!)

このように基礎的要因の理由付けをまるで車のオプション後付けみたいに言ってしまうのです。

言葉って怖いもので、一度自分で口に出して言うと、それが真実だと思い込んでしまうのですよね。

本当は犯罪を犯してしまった人が「いや、俺はやっていない」と言葉に出すと、本当にやっていない気がしてくるアレと同じです。

で、仮想通貨はどうなの?

株式も面白いし、FXも商品先物も、仮想通貨も皆面白いです。かと言って、ドカーンと投資することはしないですし、マーケットを見ていて、チャートを追っていることが楽しいということですね。

仮想通貨は歴史が浅いですが、個人的意見としては、それを良しとしない国家も出てくるでしょうし、決済手段に使おうかという大きな企業も出てくるでしょうし、しばらくは、賛成派と反対派がせめぎ合うのではありませんか。

でも世の中の大きなトレンドというか、流れは、容認。

さらに拡大、市場の拡大、参加者の増加、そして仮想通貨っていうのは、通貨そのものに性質を持っているため、ビットコインとは異なる性質のものがどんどん登場して、それなりにお金が集まっています。

これはもう無視できる存在ではないですよね。

今から10年後の未来、20年後、100年後と見たときに、そういえば、国が管理しているお金って果たして本当に意味があるのだろうか、とか。

え、どうして中央が存在するの?皆で暗号で管理しようよ、っていう流れとか。

youtubeがテレビというメディアを超えたように(僕はもうそう思っております)

通貨という概念がここで徐々に切り替わってもいいのではないでしょうか。

Paypay けっこう使っている方増えていますよね。

支払いのときにレジの方にこう言うんです。

「ペイペイで」

ちょっとかわいくないですか?

こわもての方が、これ言ったら最高じゃないですか。ソフトバンクの孫社長が「ペイペイで」というのも聞いてみたいです。

でもPaypay は仮想通貨ではありません。わかりますよね。自分のお金を現金チャージするか、Paypayへの残がいくらまで減ったら自動チャージみたいになりますが、あれだって大元の自分の銀行口座に入っている自分のお金がデジタル上で動くだけです。

仮想通貨の「仮想」という部分が僕的には「萌え」なわけですが、政府的には「暗号資産」って呼んでよと言う流れ。

ここからしても

どう考えても力点がいい感じで作用していると思うのです。

よって結論はとんでもなく拡大する!です。

イーサリアム(通称イーサ)ETHの時間足をちょっと見てみましょう

ビットコインの次に時価総額が大きい通貨 イーサリアム(通称イーサ:略称ETHの時間足)

上記のチャートは、GMOコインのチャート表示機能にちょっと矢印とかラインを引いてコメントつけたものです。

赤い矢印は、とどのつまり、上値がだんだんと下がっているよねという様子です。

そしてラインを引いたところは、完全なるディセンディングトライアングルとは違いますが、ちょっと似つかわしいです。

ディセンディングトライアングルというのは、アセンディングトライアングルと対を為す表現で、下値トライをしそうな動きの前兆を示します。

下のサポートラインを下に抜けると売り参戦が定石です。

でも、、、見方をもう少し大きくみると、ディセンディングトライアングルもどきが発生している手前の動きは、ダブルボトムっぽいですよね。

ですから、今の小康状態でダブルボトムで底を叩いたから買い参戦という人たちと、

もっと視野を広めて、上値がだんだんと切り下がっている不気味な小康状態だな、これはブレイクしたら売りだろうと思っている人たちが拮抗状態ということです。

でもローソク足一本の形成時間を10分、5分、はたまた週、月と変えていくとね

たぶん、お初の人にとっては何だかちんぷんかんぷんでしょうし、ちょっと慣れた人でも訳がわからなくなりますよ。

そこにテクニカルのインジケーターを色々かぶせていくと、これまた混乱するかもしれません。

ゴールデンクロスだぁ、デッドクロスだぁとか、これも時間を変更すると同じ通貨(はたまた同一銘柄なのに)まったく逆の見方をすることがほぼ毎回ですからね。

でも意味なく仮想通貨の取引所とか、証券会社、FXの会社がチャートの提供とかインジケーターの仕組みを付与することはないですよね。

分析をしやすいようにということです。

トレードのやり方が皆さん違うからでもあるし、長期スパン、短期スパンでいわゆる、レバレッジをかけている人にとっては、エントリーのタイミング、離脱のタイミングを計るうえで重要な指標になるからです。

そしてこれもファンダメンタル分析と同様で、

10分足だと買いだけど・・・日足でみたら売りだよなぁ。こんな風に迷い始めて、で月足を見る、週足を見る、だんだんと売りに気持ちが傾いてくる、売りの気持ちを固めるためにまた見る~

こんな繰り返しになるのですね。

前にチラっと書きましたが、大衆は負けることが多いので、大衆の逆を行く「勇気」を持つと馬鹿勝ち出来る可能性が高いです。

また、メディアが大騒ぎしたときには、逆を考えたほうがいいです。

それこそ、一億総悲観みたいなところで買いです。

カテゴリー
仮想通貨

仮想通貨の本、すぐに読めちゃいました

このところ、仮想通貨についての基礎知識をインプットしています。わからないことがあったら本で学ぶのが一番です。ということで・・・今回も一冊買って参りました。

仮想通貨の本、あまり売ってないですね。

今回は、こちらの仮想通貨入門という本を購入
今回は、こちらの仮想通貨入門という本を購入

今、本屋さんは、ラッピングされていますので、中身を確認することは出来ませんでした。

でも「マンガでわかる」と書かれていたので、気楽な気持ちで買いました。

内容は、一日でというか、1時間ぐらいかな?で読めてしまいました。

分析手法なども載っていたのですが、超基礎の部分だけでしたので、それらのテクニカル分析系は、もっと違う本で学んだほうがいいかなというのが感想です。

それ以外の基礎知識を得たいのであれば、とってもわかりやすかったので、初めて「やってみようかな」という人にとっては最適かもしれません。

ビットコインって何?イーサリアムって何?リップルって?こういうことについてもだんだんとわかってきました。一度かじると、本当に色々と調べたい欲求にかられますし、学習課題としてはすっごくいいものに出会ったと思っております。

それにしても、株式、為替、コモディティとチャートはずっと見てきましたが、その読み方とか、分析の方法は昔も今も変わらないのですね。

でも僕はこう思います。

トレンドフォローが一番

まずはこちらご覧ください。

これは、リップルの5分足です。チャートにラインを引いたのは、僕です。

これ、5分足ではありますが、トレンドは下向きですよね。で、十字線のところを見てほしいのですが、ここでブレイクしてしまっています。

その後、ズルズルズルズル~~~~の状態です。

あまりにも激しい値下がりでしたので、出来高も膨れ上がって、ロスカットと売りの買戻しも多く入り、商いが多くなったのがわかります。

そのため、リバウンドしていますが、上値は重くなってしまっていますよね。

現物として持つにしても分けて買ったほうがいいでしょうね。

カテゴリー
blog

ビットコインを買ってみました(GMOコインにて)

仮想通貨の中で4割のシェアを占める基軸となるビットコインをちょっとだけ買ってみました。

仮想通貨(Bitcoin)を買ってみた

その前に口座開設ですね。

先に読んだ本の中でオススメだった取引所としてGMOコインが挙げられていましたので、昨日口座開設をしました。

口座開設そのものは、パソコンとスマホで簡単に済みました。最後の顔認証のリアルのところだけ、ちょっとうまくいかなくて一回失敗したけれど、ちゃんと説明を読んでやってみたらうまくいきました。

昨日のうちは、買い付けは行いませんでしたが、今日はちょっとだけ買ってみました。

こちらは、GMOコインのチャート表示機能を使って、一年間の値動きを表示させたものです。

ご覧のとおり、昨年の3月ぐらいは1bitcoinで50万円ちょっとだったのものは、10倍の500万以上の価格となっています。

そして、今年の1月のところに注目してください。

これ、1月中は上下乱高下しながら、エネルギーをためているんですね。

今回の上昇は、この1月のもみ合いの中で、蓄積されたエネルギーが爆発している様相です。

「ビットコイン3.6%上昇、再び最高値更新-5万ドルに一段と近づく」(※yahooニュース)

こちらのyahooのニュース記事を見てもわかりますように、相場の基調は強いと思います。

もちろん、調整はあるとは思いますが、その場面は逆に買い場ではないでしょうか。

カテゴリー
仮想通貨

仮想通貨を買ってみようと思う。試しに。

仮想通貨を買ってみよう・・・と思います。でも事前に少し知識を得ておく必要がありますので、とりあえず、一冊本を買ってみました。

なぜ?仮想通貨なのか

株式投資、FX、コモディティ、色々ありますが、なぜ仮想通貨を選択したのか?です。

選択と言っても今は全く投資をしていませんので、選択して少しトライしてみようと思った理由です。

僕自身、もともとマーケットの世界のどっぷり浸っていました。19年です。

そのときの分析が今に当てはまるとは全く思っていませんが、テクニカル分析とか、ファンダメンタルズ分析をして予想していくという流れは大きく変わらないと思います。

そして仮想通貨は、株式や為替、商品先物よりも歴史が新しく、需給で動くため、(総供給数が決まっているため)予測はしやすいと考えたからです。

その前知識をさらに自分で確認するために、本を買って、実際に自分で少しだけやってみようと思った次第です。