カテゴリー
バイク

バイクには 車とは違った味があります

バイクでこけた経験!

でもバイクが好き、寒いのは嫌いだけれどバイクは好き・・・なのです。

一番最初は高校の時に原付免許を取ったときからですから、もう何十年ということになります。でも10代のときに、日光の霧降高原の高速コーナーでこけたんですね。当時は、SUZUKIのGSX-R400という2つ目のバイクでした。何十回払いのローンで買ったバイクなのですが、調子に乗っていたというか、恐れを知らなかったというか、こけてお釈迦です。

しばらくバイクは怖かった・・・

1980年代というのは、バイクのレーサーレプリカが流行った時代で、仲のいい友達はみんなバイク乗ってました。最初50ccだったのが、いきなり400に乗って、ブオンブオン言ってましたし、何しろ乗りやすかったんです。

ハングオンっていって、加重移動させながらコーナーを曲がる!なんてことを形だけ(笑)やってました。で、自分が上手いわけではなく、マシンの性能が良かっただけなのですが、ばかみたいに過信していたのでしょう。突然ズルっとこけて、頭は真っ白です。

この経験があって、しばらくバイクは怖かったのが本音です。本音であると同時に実際、バイクからしばらく遠ざかりました。そして車に目覚めていったわけですが、車の話はまた別の機会にしましょう。

2ストの魅力に どはまり!!

上記のGSX-R400は、4ストです。
当時は、アクセルをひねったときの「フォン!フオン!!」という音も最高だと思っていました。

でも、ふとしたきっかけで、またバイクに乗りたくなってしまったのです。そして、手に入れたのが、RZ-50です。これもけっこう色々修理しながら乗りました。中古で買ったので、見た目もぼろかったです。腰上オーバーホールとか、チャンバーつけたりとか、まぁけっこうやりました。

RZ250との出会い

今度は、やっぱり250に乗りたくなりました。RZと言えば、250!

僕が乗っていた(過去形)のはこれです。

違和感を感じた人は、かなりのRZ通ですね。

実はこれ、RZ250にRZ250RRのエンジンを積み替えてるのですね。ですからYPVSがついています。そして、後輪を見て頂くとわかりますが、ホワイトホイール・・ですね。つまり、これFZ400の足回りを移植したのです。

で、チャンバーはK2TECのステンレスチャンバーで、グラスウールは定期的に交換の必要があったものの、すっごくよく吹けてくれました。音は2ストサウンドそのものでものすごく気に入っていたバイクです。

でも ベスパが欲しかった

RZ250 今でも手放したのを少々悔やんでいますが、ベスパが一番欲しいバイクでした。そんなわけで、上記は過去形になっているのです。

最初は、ベスパPX150EURO3

最初にRZ250を下取りに出して買ったのが、

これです。

EURO3というのは、排ガス規制関連で、マフラーがわざとフン詰まりっぽく伸びがなくしてるような感じでした。
すぐにマフラーを交換したのですが、そしたら上まで綺麗に回るようになって非常に快適なベスパになりました。

ベスパの魅力は、ハンドチェンジです。サスペンションも片持ちサスで、後輪はフットブレーキなのですね。このモデルは、ベスパの中ではどっしりとしていて乗りやすいです。150ccですから当然高速道路も走れます。でもバイクって、高速で料金を払ったりするときに、いちいち手袋を外して、お金を出しておつりをもらって、券をもらってと面倒なのですね。冬なんかは手もかじかんでしまって、お金の受け渡しさえも大変です。ですから、ETCを取り付けて、スムーズに高速道路が走れるようにしました。

微妙にオイル漏れ(にじみ)が気に入らず・・・

でもこのEURO3で唯一気になっていたのが、オイルリークです。どこから漏れているのかわからずに、東京のけっこう有名なベスパ専門店に持って行ったのですが、驚くべきことに、

「ベスパはたいていそうですよ」

「え?」

バイクもそうですし、車もそうですが、オイル漏れって、普通のことではないです。もしかして僕のことを素人と見たのかもしれませんが、まさかショップの人が、

「オイル漏れは普通です」というような発言をするとは思わず、本当にびっくりしました。

やっぱりスモールベスパに乗りたい!

そんなわけで、もやもやしながら乗っていたのですが、微妙にすこーしずつオイルリークがあるのは、あまり耐えられず、同時に、車体の小さなバイクで小回りきいたほうがいいかもと・・・今度はスモールベスパを探しました。

そして、こいつに。

ベスパET3というバイクでピンクナンバー、125ccです(本当のスペックは 121.16cc です)

これだと高速には乗れないのですが、街乗りでしたら十分です。

ベスパET3は再生産前のモデルと、再生産モデルがあります。こちらは再生産モデルですね。気に入ってるのは、このフォルムです。なんともかわいいではありませんか。国産スクーターに比べれば、遅いです。でもアイドリング時の小型船のようなポンポンポンポンという音とか、全体がワイヤーコントロールされているメカニカルな感じ。それから、モノコックボディで鉄なんですね、ボディが・・・。そこも気に入ってます。

このET3も2ストです。

そう、僕はRZ時代から2ストしか乗ってないということです。

一人でバイク

バイクって乗ってるときには、風切り音もしますし、夏は暑いし、冬は地獄のように寒いし、たまに思いますね・・・なんでこんな気候なのにバイク乗ってんだろ、俺・・って。

でもバイクに乗っているときには、嫌なこととかも忘れられるんです。

バイクに乗るときには、ぼ~~っと考え事などしてる余裕がもてないことが多いです。車とは違ったスピードの感じ方があるからかもしれないし、こけた経験があるってことが大きいかもしれません。

だからこそ、変な考え事をする暇もなく、周囲に注意を払って運転せざるを得ないのですね。そして春とか秋は気持ちいいわけですよ!

このベスパET3は、6V(ボルト)車でバッテリーがついてない車両です。よく言うバッテリーレス仕様ということです。ですから電装品がつけられないのですね。しかもエンジンの回転数に応じた電気供給なので、アイドリング時には、ヘッドライトもテールライトも暗くなります。ウィンカーもです。

従って、走っているときにも注意注意!停まっているときにも後続車に衝突されないか?という注意注意が必要なわけです。

時間があれば、バイクにたくさん荷物を積んで一人旅もしてみたいです。

このベスパじゃちょっときついですけどね。

カテゴリー
blog

”価値”についての考え方

大昔の遥か大昔

そう・・・歴史の教科書とか、漫画などを読んでいると、とんでもない遠い過去に思いを馳せることがあります。

特に縄文時代とか弥生時代など、およそ想像の世界でしかなく、発掘された遺跡から復元された当時の暮らしの様子などを描いてみると、本当に過去にさかのぼることが出来るタイムマシンがあったらいいなぁなどと夢見心地となります。

マンモスの肉って美味いのかなぁ?とか、当時の水はどんな味なのだろう?とか、弥生の土器で作った飯を食ってみたいなぁ・・・などなど。

そして、古の日本に住んでいた人たちの言葉はどんな感じだったのだろう?

こんな風に考えていくと、その時代時代に生きていく人たちの宿命とは言え、まさに今は平和な時代ですのでありがたさが増します。

以前は歴史ものとか、時代小説にはまっていたいた時期があり、司馬遼太郎・山岡荘八・吉川英治などは、かじりまくりました。 池波正太郎 や 藤沢周平 などもですね。

特に山岡荘八の織田信長は、とても印象に残っています。

読んで頂いたことがある方は相当多いと思いますが、とても面白く時間を忘れさせてくれて、あたかもその場に居合わせるかのような臨場感を読者に与えてくれます。

中でも僕が印象深くずっと心に残っているのが、「湯漬け」です。

桶狭間の出陣前のシーンだったと思います。信長が立ったまま湯漬けをすすって、息子の奇妙丸たちに「湯漬けは立ったまま食った方がたくさん食えるぞ。覚えておけ!」と
言う例のくだりです。

以来、僕はこの時代の湯漬けが食ってみたいと思うようになりました。どこかの店で安土桃山時代定食なんていうのが売ってたら面白いですね。
さて、この湯漬けなのですが、果たして何でしょうか?感覚としては、永谷園のお茶漬けをイメージするものですから、ごはんにお湯とか何かをかけて、ぶっこむ!そんな感じですかね。

調べてみたら、ごはんにお湯をかけるだけみたいでした。茶漬けが流通したのは江戸時代中期らしく、ふむ・・・じゃぁ、本当にお湯だけなのなのでしょう。wikiなどで調べなければよかったと後悔です。

今から100年前は1920年(大正9年)です。

僕が小さいころに、母方の実家に行くと、襖で仕切られた部屋がいくつかありました。その中の一つに、ふるーい写真が何枚か額縁に入れられて飾られていたのを思い出します。100年前は大正時代ですよ。大正デモクラシー、大正浪漫の時代です。ハイカラなイメージも少し出てきたあの時代です。モノトーンで残っている写真、セピア色の写真のあの世界です。

クレヨンの発売が大正10年、一粒で二度おいしいのグリコのキャラメルの発売が大正11年です。

今でも色褪せず、現代までずっと残っているものもありますが、いつのまにか新しいものに置き換えられてしまっている商品やサービスがたくさんありますよね。

価値あるもの!すごいもの!として絶対的ブームを巻き起こしたようなモノであっても、これはとんでもない画期的な技術だ!サービスだ!とその瞬間の時代を断然勝ち組として凌駕しても不思議なもので永遠にはなかなかならないものです。

そういう観点で言うと、クレヨンやグリコのキャラメルが今も生き残っているというのは、とんでもなくすごいことですね!

現代は、価値の進化が凄すぎて、イノベーションが凄すぎて、そうですね・・・一か月も油断してニュースを追わなければかなり時代変化においていかれることになります。

けっこう僕は、あたらしもの好きではありますが、やはり今の子供たちが夢中になったり、高校生の間でブームになっているものなどは、だんだんと追いつけなくなってきました。

少し昔になりますが、パソコン通信ってありましたよね。ニフティーサーブとかPC-VANです。シャープとかNEC、富士通がパソコンの世界で一歩先行ってた時代です。

16歳か17歳のときに初めてパーソナルコンピュータというものに出会いました。その当時、シャープのX1という機種があったのです。テレビも見られるパソコンです。プログラムのロード方法は、なんとカセットテープですよ。当時の取り扱い説明書には、簡単なBASICプラグラムのコードが書かれていて、それをパソコンに打ち込んでは、ちゃんとプログラムが走ったときには、「おおおお!」と感動しました。
書かれているまま打ち込んだのですから、当たり前のことですよね。でもそんな小さなことでも感動したのです。

そのうち、カセットテープにゲームプログラムが書かれたものをロードしてゲームが出来るということを知りました。当時はハドソンっていうゲームソフトの会社がありましたね。ゲームタイトルは忘れましたが、ロードが終わるまでにドエライ時間がかかったのですが、ワクワクしながら待っていた記憶があります。

画面が切り替わり、ゲームの音が流れて、キーボード操作にキャラクターが反応したときにも「すげー」と思いました。その感動から何度もお見せに通っては、違うゲームを探しては楽しんでいました。

時代が少し過ぎて、今度は記憶媒体にフロッピーディスクというものが登場しました。僕が使い始めたのは、顔よりデカいフロッピー時代じゃなくて、少しコンパクトになってからのものです。

そして1980年代後半から1990年代、インターネット時代が本格始動します。そこで出会ったのが、パソコン通信だったわけです。

こ、これは・・・はまりましたね。 NIFTY-Serve の終了が2006年でしたので、たぶん2000年とか、2001年とか、そのぐらいにパソコン通信を覚えて、ジジジ、ジジジジーと動くプリンターも当時買ったのです。ドットプリンターっていうのは、 印刷ヘッドに並べたピンをインクリボンに叩きつけて用紙に印刷する方式のプリンターです。プリントしているときには、プリンターの台がなんだか、左右に揺れ動くぐらいの豪快なプリンターです。

パソコン通信でチャットした内容なんかを用もないのにプリントアウトしたりして、すごく楽しかった思い出です。

世の中は利便性追求をずっと永遠に求めていくでしょうから、そのときの最先端はすぐに時代の動きの速さにとってかわられ、新しい商品がどんどん出てくるわけです。

でもどうでしょう。

人間誰でも、自分が10代とか20代のときのめちゃくちゃ輝いていた時代が懐かしく感じませんか。こちらの記事を読んでくださった方がいたら、もしかして同世代?って思ってくれる方もなかにはいるかもしれません。

そうそう、その時代です。

価値は移り変わるものではありますが、当時の価値も生きてきた証として、ときには懐かしむ、そんな心のゆとりも欲しいものですね。

もしかしたら、当時僕がまだ10代の頃の使っていた部屋が実家に残っているかもしれません。中にはお宝があるかも!?なんて考えたりします。

カテゴリー
ペット

動物好き

僕は、かなりの動物好きです。

我が家には、柴犬、文鳥2羽、イモリ、金魚、オカメインコ、コザクラインコがいます。

柴犬はオスで「いち」といいます。

なんとなく凛々しく見えますが、実際は夏の蚊と雷が大の苦手です。
それから、注射もダメですね。
犬は家族の一員といいますが、まさにそうですね。こちらの柴犬は千葉県のブリーダーさんからです。当時、わらわらとたくさんいた仔犬の中で最もコロコロ丸々太った子を引き取ってきました。無駄吠えもほぼしませんし、家ではいつもごろごろしてる・・・
おじさんみたいな柴犬です。

小さいころから車でよく一緒に出掛けましたので、乗り物は好きみたいです。

続いて文鳥の文ちゃんです。

小さいころの ぶんちゃんです。

今は真っ白なマシュマロみたいになってます。
そういえば、桜文鳥のサクラの写真が・・・なかったかな??

そして、オカメインコの「きみちゃん」です。

きみちゃんはメスなのですね。

とても食欲があり、がつがつ食べます。

そして コザクラインコの ちーちゃんです。

コザクラのちーちゃんと、オカメのきみちゃんは、僕の部屋にいます。

きみちゃんは、なんと!押し入れに住んでるのですね~

押し入れの中が自分の家だと思い込んでいるので、そのまま放し飼い状態です。

でも ちーちゃんは、ケージに入れています。
ちーちゃんもメスなのですが、気が強いです。僕は何度も噛まれてますが、かなり痛いです。でも最近は、手の中で寝たりとだんだんと落ち着いてきた様子です。トイレに行くときも風呂に入るときもついてきます。

イモリと金魚の画像もなかったですね。

イモリは、次男が三重県の友達の家に行ったときに採ってきました。もう相当長生きしています。たぶん7年ぐらい?名前はありません。

金魚も次男が小学生のときにお祭りの金魚すくいで採りました。ですから、もう何年ですか・・・すでに次男は20歳ですので、なかなかの寿命です。そして金魚の金ちゃんは、でかいです。普通の金魚だったのですが、でっぷりとしたフナぐらいの大きさになっています。

みんな 長生きしてほしいなぁと思います。

カテゴリー
blog

WordPress を初めて使ってみた

WordPressの存在について知ったのも最近でした。元々文章を書くのは
好きで今までいくつかブログを作ったこともありますので、ずっと興味
を持っていたのです。

サイトで調べながらでも良かったのですが、自分への投資と思い、
本屋さんで関連の書籍を2冊買って、取り組んでいきました。

元々サーバーもレンタル済みで、
こちらのlive-integration.comというドメインも
2009年ぐらいから長年使ってきたものですので、今回は練習も兼
ねてWordPressをインストールしてみました。

本の内容に沿いつつ、
間違いがないよう慎重に進めていきましたが、ここまでけっこう簡
単でした。
管理画面の基本操作や初期設定も一応は本を読みながらでしたが、
別になくても感覚的にできたかもしれません。

でもプラグインの設定の項や、
SSLの追加は書かれている内容は、本を読まなかったらわから
なかったでしょう。

現在、こうして記事投稿が出来るようになりワクワク感があります。

ブログとかもそうですが、だんだんと自分流にカスタマイズして、
それがサイト上でどのように表現されているのかを確認しながら、
記事更新とか新しい機能追加をしていくのが楽しいのですよね。

ここまで使った感想は、「これかなりいい!」です。
こんなことならもっと早く自分でやってみるべきだったと思うほど
です。

専門の業者の方もみな言います。

WordPressは使いやすいし簡単だから記事投稿も楽ですよ!と。

全くその通りだと実感です。